腰部脊椎管狭窄症

 

背骨の一つ一つには椎孔という穴があいており背骨全体として脊柱管といいます。

 

この脊柱管には神経が通っており何らかの原因で脊柱管が狭くなると神経が圧迫され腰痛や足の痛み・しびれ、歩行困難などの症状が現れることがあります。

 

これを腰部脊柱管狭窄症といいます。

 

少しあるくと下肢に痛みやしびれが現れ歩けなくなるが、背中を丸めてしばらく休むと楽になりまた歩けるようになるという症状を間欠性跛行といいます。

 

これは腰部脊柱管狭窄症に現れる特徴的な症状です。

 

腰部脊柱管狭窄症は3つのタイプに分類できます。

 

①神経根型…下肢に痛みやしびれが生じる。左右どちらかだけに現れることが多い。

②馬尾型…両下肢の広範囲に麻痺やしびれが生じる。排尿・排便障害などが生じることもある。

③混合型…神経根型と馬尾型が合わさったもので両方の症状が現れる。

 

脊柱管狭窄症は背中を反らすと神経が圧迫されて痛みやしびれなどが生じます。

 

筋肉の衰えを防ぐために何か運動をやろうと思ったときには、背中を丸めながらできる自転車こぎがお勧めです。

 

慢性的な肩こり、腰痛でお困りのときには
札幌市中央区南16条西7丁目2-1 パークハイツ山鼻1階
011-252-9558

整体 リリース札幌