腱板断裂

 

腱板は回旋筋腱板とも呼ばれ、肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋の4つの腱からなり、上腕骨の骨頭を覆っています。

 

腱板の主な作用は上腕骨頭を関節窩に押し付け、安定性をもたらすことにあります。

 

棘上筋は腕を下げた状態でもストレスを受け、肩の外転運動(労働)を繰り返す際に肩峰下、烏口肩峰靭帯などと触れ合い摩擦をおこすことなどから、4つの筋の中で最も損傷を受けやすい筋です。

 

腱板断裂は1回の外力で発生するものと、加齢などによる変性に加え、繰り返しの張力がかかり、変性が進行し断裂にいたるものがあります。

 

症状としては運動時痛や圧痛、夜間痛などがあり、完全断裂では圧痛部に陥凹を触知するものがあります。

 

また筋力低下や脱力感を訴えるものもあり、肩関節の外転運動が保持できないなどの機能障害もみられます。

 

軽度の場合の初期の治療法としては吊り包帯をし、患部を冷やします。

 

その後、症状の経過にあわせ可動域訓練や腱板筋力訓練、肩周囲筋の筋力訓練などを行います。

 

重度のものでは観血療法の適用となる場合があります。

 

慢性的な肩こり、腰痛でお困りのときには
札幌市中央区南16条西7丁目2-1 パークハイツ山鼻1階
011-252-9558
整体 リリース札幌