内転筋群のストレッチ

足を大きく開き、図のように両手、両膝で体重を支えます。

両手に乗せている体重を膝に移動させることによりストレッチが強まります。

図は左膝を曲げ右脚の内転筋をストレッチしています。

体重を両手で支えストレッチの強さを調節します。

 

慢性的な肩こり、腰痛でお困りのときには
札幌市中央区南16条西7丁目2-1 パークハイツ山鼻1階
011-252-9558

整体 リリース札幌