寿命を司るテロメア

テロメアって聞いたことありますか?

 

テロメアは真核生物の染色体の末端にある塩基配列です。

 

ヒトのテロメアDNAは約1万塩基あり細胞が分裂するたびに少しずつ失われていきます。

 

そしてテロメアDNAが5000塩基くらいになると細胞は分裂することができなくなります。

 

つまり細胞が寿命に達したということです。

 

健康な人のテロメアは1年間に約50塩基失われるそうです。

 

約5000塩基失うと細胞は分裂することができなくなるので、人間の寿命はだいたい100歳くらいということになります。

 

しかし病気や怪我などをして細胞が死滅すると細胞分裂が促進されるので、それだけ寿命が短くなります。

 

テロメラーゼという酵素はテロメアを修復する働きがあり、この酵素が活性化されているとテロメアはその長さを維持します。

 

しかしヒトでは生殖細胞や幹細胞などの限られた細胞でしかテロメラーゼ酵素は活性化されていません。

 

またガン細胞が無限に増殖を繰り返すのもテロメラーゼ酵素が活性化されているからです。

 

テロメアの短縮を遅らせる方法としては、やはり基本的なことですが健康な状態を維持するということです。

 

バランスのとれた食事を摂り、食べ過ぎず、適度な運動を行い、ストレスを溜めない。

 

いまテロメアを長く保つ栄養素として葉酸が注目されているそうです。

 

健康的な生活に加え、葉酸を意識的に摂ってみてはいかがでしょうか。

 

慢性的な肩こり、腰痛でお困りのときには
札幌市中央区南1条西9丁目5-1 札幌19Lビル 604号
011-252-9280
札幌市中央区の整体・マッサージ リリースSapporo